/

新型Ruby開発へ 設計者表明、IT高度化・複雑化に対応

松江発のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」を開発した、まつもとゆきひろ氏が新しいバージョンとなる「ルビー3.0」の開発に着手した。12日に松江市で開幕した「Rubyワールドカンファレンス」の基調講演で、IT(情報技術)環境の高度化・複雑化にルビーを対応させる実験を進めていると述べた。

1993年に開発を始めたルビーは、設計仕様を公開する「オープンソース」として多数の技術者が改良に参加している。処理速度を大幅に高めた「ルビー2.0」は2013年に公開された。

「3.0」はコンピューターのデータ容量の飛躍的拡大やソースコード(プログラムの設計図)の複雑化といった技術進歩に対応するという。まつもと氏は「3.0」の特徴について、(1)人とコンピューターの協業(2)効率性(3)チーム作業のしやすさ――などとした。

ルビーは多数の人の参画を得て開発を進めるため、「公開の時期は、今の段階では明確にできない」(まつもと氏)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン