(飛んだMRJ)量産控え人手不足懸念 技術者の育成急ぐ

2015/11/13 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「脇を締めて、腕の角度は90度にすること」「姿勢が整っていないとリベットが真っすぐ打てず、製品に傷が付いてしまうんだ」

国産ジェット旅客機「MRJ」の初飛行を目前に控えた10月下旬、名古屋市南区のビルに航空機関連企業の数人の若手社員が集まり、ベテラン技術者の指導を受けながら、アルミ板に鋲(びょう)を打ち込む作業を繰り返していた。

愛知県が航空宇宙分野の人材育成のために実施した研修で、同産業向けの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]