/

この記事は会員限定です

自動運転でベンチャー設立へ 名古屋大など、OS活用支援

[有料会員限定]

自動運転システムの研究を進めている名古屋大の教員らが12月、研究成果の実用化を加速するためにベンチャー企業を設立する。自動運転車の開発に使うコンピューターなどの販売や、人材育成を手掛ける計画だ。名大などは今夏、自動運転車に使う基本ソフト(OS)を無償公開した。このソフトを使う企業の支援体制を拡充し、関連産業の裾野を広げる。

大学院情報科学研究科の加藤真平准教授らが新会社の「ティアフォー」(名古屋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン