/

この記事は会員限定です

就活ルール迷走 経団連、選考2カ月前倒し表明

[有料会員限定]

経団連の榊原定征会長は9日、大学生の就職活動の日程を来年から見直し、企業による選考開始時期を今の8月から2カ月程度早めたいとの意向を表明した。選考解禁は昨年までの4月から変更したばかりで、学生からは朝令暮改の就活ルールに困惑する声が出ている。大学側は来年は日程を変えないよう求めており、11月末までに政府を含む関係者間で調整する。

経団連は今年、説明会など広報活動の開始を大学3年の12月から翌3月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン