/

この記事は会員限定です

プリマハム、コンビニ向け総菜工場 160億円投資

[有料会員限定]

プリマハムは相模原市にコンビニエンスストア向けの総菜工場を新設する。投資額は約160億円で、2017年2月の稼働を目指す。コンビニなどで総菜や弁当を購入し、持ち帰って食べる「中食」の市場は拡大が続く。食品メーカー各社は数少ない成長市場に向けて生産投資を広げており、プリマハムも多彩な商品に対応できる新鋭工場を整備して需要を取り込む。

新設する「相模原第二工場」は4階建てで、延べ床面積は約2万平方メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン