/

この記事は会員限定です

日本企業の海外M&A、15年は初の10兆円超え 民間調査

[有料会員限定]

日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)が拡大している。2015年は11月9日までの時点で初めて10兆円を上回り、9年ぶりに過去最高を更新した。海外の成長市場を取り込もうと金融や物流といった内需企業がM&Aに動く事例が目立つ。円安で円換算のM&A額が膨らんだ面はあるが、買収意欲は衰えていない。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)によると15年の日本企業による海外M&Aは9日、10兆44億円とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン