2019年1月19日(土)

児童ポルノ画像を放置の疑い 共有アプリ社長逮捕

2015/11/5 13:45
保存
共有
印刷
その他

写真共有アプリ「写真袋」に投稿された児童ポルノ画像を放置したとして、警視庁少年育成課などは5日までに、アプリ運営会社社長、大野光明容疑者(55)=東京都大田区=を児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)ほう助容疑で逮捕した。同課によると、大野容疑者は「理解できない」と容疑を否認している。同容疑での共有アプリ運営者の摘発は全国初。

逮捕容疑は昨年3月、兵庫県小野市の無職の男(23)=児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で書類送検=が投稿した18歳未満の児童の裸の画像など60件について、誰でも閲覧できる状態になっていると知りながら放置した疑い。

同課によると、写真袋はスマートフォンなどで利用できる写真共有サービス。投稿者が設定した「合言葉」を入力すれば、一定期間は無料で写真や動画を見られる。児童ポルノ画像の合言葉はネット掲示板に書き込まれており、不特定多数の利用者が容易に検索・閲覧できた。同課によると、同アプリに投稿された画像の3~4割が児童ポルノ画像という。

無料期間を過ぎると閲覧は有料になり、運営会社の収入となる。同課は大野容疑者がもうける目的で違法画像を放置していたとみている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報