2019年5月25日(土)

南九州ファミマ、鹿児島実業高の生徒と商品開発

2015/11/3 16:06
保存
共有
印刷
その他

南九州ファミリーマート(鹿児島市、久保裕之社長)は鹿児島実業高校と組んで開発した限定商品を3日から順次売り出す。同校の創立100周年を記念するもので、おむすび、アイス、スポーツドリンクの3種類。価格は140~230円。鹿児島・宮崎両県にある「ファミリーマート」の約340店で扱う。

南九州ファミマは鹿児島実の総合学科3年の生徒に商品開発の出前授業を7月から実施。その中で生徒が企画・発案したものを商品に仕立てた。例えば、おむすびの「鹿実の勝負めし」はハムカツや空揚げ、めんたいこ、キャベツマヨネーズあえなどをご飯ではさみ、ボリュームたっぷりに仕上げている。

南九州ファミマは鹿児島県と多分野での協定を結んでおり、その一環で地元食材を使った地産地消商品の開発・販売を手掛けている。鹿児島実との取り組みは高校生に実践的な経験をしてもらい、地域活性化に貢献することが狙いだという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報