/

この記事は会員限定です

海外発ネット配信も消費税対象 誰が納税?混乱広がる

徴収漏れや過払いの恐れ

[有料会員限定]

海外事業者から日本に向けてインターネットを通じて配信される電子書籍や音楽などに対し、10月1日から消費税が課税され始めた。これまでも国内事業者の役務(サービス)には課税されており、国内外事業者の競争条件の不平等がようやく是正された。だが海外事業者からは徴収漏れの恐れがあるなど問題も残っている。

今、ネットで和田竜氏の小説「村上海賊の娘」の電子書籍版を買うとしよう。米アマゾン・ドット・コム、紀伊国屋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン