/

この記事は会員限定です

任天堂社長「8言語で100カ国以上に展開」

[有料会員限定]

任天堂の君島達己社長は29日、9月の就任以来初めて日本経済新聞のインタビューに応じた。やりとりは以下の通り。

――第1弾にコミュニケーションアプリを選んだのはなぜですか。

「任天堂のことに携わってもらい、アカウントを開いてもらうにはコミュニケーションアプリが大事。8言語でローカライズすれば、100カ国以上に展開できる」

――株価は大きく下がりました。

「我々への期待の声はいろいろと聞いていた。それ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン