杭データ記録 現場に甘さ 工期に追われ正確さ軽視

2015/10/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市のマンションが傾いた問題を受け、旭化成建材(東京・千代田)が過去に杭(くい)打ちを手掛けた他の建築物でもデータ改ざんが判明した。背景には、時間に追われる中でデータを軽視し、正確な記録を残す意識が低い現場の実態が浮かび上がる。専門家は「工事の記録の取り扱いを見直す必要がある」と指摘している。

「他にも出てくると思っていた」。首都圏のある杭打ち業者の男性は、北海道や横浜で新たに発覚したデータ改…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]