/

この記事は会員限定です

東芝、風力発電の出力増やす解析技術を確立

[有料会員限定]

東芝は風力発電設備の出力を増大するための解析技術を確立した。鹿児島県長島町に設置した初の自社ブランド風車に多数のセンサーを設置し、従来より出力を最大2割程度高めても長期に安全運転できることを確認した。「九州発」の技術を生かし、風力発電が盛んな九州などで新規や建て替えの需要を開拓すると同時に、欧州など世界市場に本格進出する。

東芝は長島町に新たに建設した出力2000キロワットの風車2基に300点以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン