東風日産の新型セダン、若者を意識

2015/10/28 0:01
保存
共有
印刷
その他

■東風日産乗用車(中国自動車大手) 中国市場向けに開発した新型セダン「ラニア」を発売した。価格は10万5900元(約202万円)から。外観はスポーティーなイメージとし、特に若者を意識したデザインに仕上げた。

ラニアは、「中国人が中心となって中国人のために作った日産初のモデル」(関潤・東風汽車有限公司総裁)だという。

「ラニアは中国の若者のために作られたモデル」(打越晋・東風日産総経理)でもあり、特に20代、30代の若者に好まれるよう、ボディーは滑らかな曲線を多く使った外観とし、価格も10万元程度に抑え、値ごろ感も打ち出した。

東風日産は、日産自動車と中国国有大手、東風汽車集団(湖北省)の合弁会社。8月には多目的スポーツ車(SUV)の新型車「ムラーノ」(価格23万8800元~)を発売したほか、16日にはSUVの新型車「キャッシュカイ」(同13万9800元~)を発売すると発表したばかり。

中国市場全体の低迷も続く中、東風日産は下半期に一気に投入した3車種の新車攻勢で、若者へのブランドアピールを強め、販売増につなげたい考えだ。(広州=中村裕)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]