/

患者情報500人分を紛失 聖マリアンナ医大病院の医師

聖マリアンナ医大病院(川崎市)は26日、30代の男性内科医が患者約500人の氏名や病名などが保存された私物のノートパソコンをJRの電車内に置き忘れ、紛失したと発表した。JRや警察に遺失物の届け出をしたが見つからず、病院は厚生労働省と川崎市に報告した。

病院は「現時点で情報が不正利用された事実は確認されていない」としている。病院を運営する大学の規定で、病院長の許可を得た場合を除き、患者の個人情報を持ち出すことは禁止されている。男性医師は許可を得ておらず、大学は処分を検討する。

病院などによると、パソコンには担当患者の氏名、病名のほか、年齢や患者ID番号が含まれていた。病院は該当する患者に書面で経緯の説明と謝罪を行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン