/

日立化成59%増益に 16年3月期、予想下回る

日立化成は26日、2016年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比59%増の360億円になりそうだと発表した。従来予想の385億円を下回る。中国のスマートフォン(スマホ)需要の減少で関連素材が苦戦。自動車関連製品も一部地域で伸び悩む。未定としていた年間配当は前期比14円増の50円にする。

売上高は4%増の5500億円(従来予想は5700億円)になる見通しだ。「中国のスマホ需要の減少が予想以上に厳しかった」(丸山寿執行役常務)ため、タッチパネルの周辺材料が伸び悩んでいる。

摩擦材やリチウムイオン電池用素材などの自動車関連製品も、中国経済の減速や日本国内での軽自動車税増税で販売が苦戦している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン