RSウイルス感染拡大 乳幼児に多い呼吸器疾患

2015/10/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乳幼児に多い「RSウイルス感染症」の流行が広がりを見せている。発熱やせきなど症状は風邪に似ているが、6カ月未満の乳児が感染すると重症化する恐れがある。国立感染症研究所によると、累計患者数(暫定値)は今月上旬時点で、年間で過去最多だった昨年を上回るペースで5万人を突破。東京や大阪など大都市の増加が目立ち、専門機関は早めの警戒を呼びかけている。

感染研などによると、RSウイルスは生後1歳までに半数以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]