/

この記事は会員限定です

軽減税率で自公綱引き 両党一致財源は4000億円

[有料会員限定]

2017年4月の消費増税時に一部品目の税率を低くする軽減税率の財源を巡る自公両党間の綱引きが激しくなってきた。公明党が求める「酒を除く全ての飲食料品」を対象にするには1兆円以上が必要となる。両党が一致する財源は約4000億円分だけで、この場合の軽減対象は生鮮食品にとどまる。自民党は品目を増やすと社会保障の財源が足りなくなると反発する。

自民党の宮沢洋一税制調査会長は23日、軽減税率の財源は「税と社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン