投信コスト2極化 20~40代つかむ超格安型(真相深層)
高齢者、高くても積極運用型

2015/10/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20~40歳代の資産形成層に向けて超低コストの投資信託の投入が相次いでいる。一方で圧倒的な資金量を持つ高齢層には複雑で高コストの投信が売れ続け、投信販売は二極化している。

「まだ公表されていないが、ニッセイアセットマネジメントから、11月にネット販売向け投信のコストを大きく引き下げると連絡を受けた。投信は"コスト革命"といえる時代に突入した」。複数のネット証券会社幹部が口をそろえる。

戦いの契機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]