三菱UFJ、高利回り債で資本増強 初の公募で1500億円

2015/10/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループは新金融規制「バーゼル3」で自己資本に算入できる新型債券を公募で発行する。事業会社や学校法人も参加できる公募債での資本増強は大手金融機関で初めて。月内に1500億円を調達し、今後も年数千億円程度の発行を計画している。2%台半ばの高利回りになる見通しで運用難の投資家に強い需要があると判断した。

新型債券は「永久劣後債」と呼ばれる。普通株などで算出される自己資本比率…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]