レム睡眠が学習に効果、脳波強まる 筑波大発見

2015/10/23付
保存
共有
印刷
その他

夢を見るときの浅い眠りである「レム睡眠」によって、学習や記憶の形成を促進する特定の脳波が強まることを、筑波大などのチームがマウスで見つけ、22日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。アルツハイマー病やうつ病など脳波の低下がみられる病気と、睡眠の関連を調べるのに役立つという。

チームは脳で睡眠と覚醒に関わるとされる部位を詳しく調べ、レム睡眠とより深いノンレム睡眠を切り替えるスイッチ役をしている神経細胞を発見。この働きを人工的に操作できるマウスを開発した。

睡眠中のレム睡眠の回数や長さを変えて実験したところ、レム睡眠を減らすと、学習や記憶の形成に関わる脳波が弱まった。逆にレム睡眠を増やすと脳波が強まった。

この脳波は神経細胞同士のつながりを強める働きも知られており、チームはレム睡眠が脳の学習や記憶に重要な役割を担っていると判断した。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]