/

この記事は会員限定です

インドの不可解な食品規制、ネスレを翻弄

当局「即席麺に鉛」→法廷闘争→「基準適合」販売再開へ

[有料会員限定]

スイス食品大手ネスレのインド子会社ネスレ・インディアがインド政府から即席麺の販売停止命令を受けた問題で、同社が販売を再開する見通しとなった。基準値を超える鉛を含むとして安全性に懸念を持たれたが、裁判所の命令をもとに実施した検査では含有量は基準値以下だった。今後、ネスレは即席麺の生産準備に入るが、今回の件で同国の即席麺市場は大きく目減りした。爪痕は大きく、インド政府の対応に対する批判も高まっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン