島根県の中山間地、IT企業の進出相次ぐ スローな生活魅力

2015/10/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口減少の"先進地域"とされる島根県で中山間地へのIT(情報技術)企業の進出が相次いでいる。豊かな自然やゆったりした暮らしに興味を持つ経営者が、利便性を犠牲にして田園を選ぶ例が多い。若い世代の田舎志向を生かそうと、島根県は中山間地の誘致支援を強化する。

システム開発のイベントホライズン(大分県佐伯市)は11月、島根県吉賀町に島根支社(仮称)を開設する。立地場所は「高尻へき地保育所」の跡地だ。最寄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]