/

この記事は会員限定です

金融商品取引、人工知能にお任せ 米アルパカが開発

[有料会員限定]

日本人技術者らが立ち上げた米ソフトウエアベンチャーのアルパカ(カリフォルニア州)は、人工知能(AI)の学習機能を応用した金融商品取引システムを開発した。トレーダー一人ひとりの判断基準を自動で学び為替や商品先物の取引を代行する。トレーダーがモニター画面に張り付いて値動きを確認する手間が省けるようになる。

金融商品取引システム「キャピタリコ」を10月初旬から一部のトレーダーに提供した。AIの学習精度を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン