/

この記事は会員限定です

シャープ営業益、従来予想比で半減 液晶低迷で16年3月期

[有料会員限定]

シャープの2016年3月期は本業のもうけを表す連結営業損益が、400億円程度の黒字(前期は480億円の赤字)になるとみられる。従来予想(800億円の黒字)に比べて黒字が半減する。主力の液晶事業でスマートフォン(スマホ)向け液晶パネルの販売が低迷している。経営再建に向け、本体への出資や事業売却などの抜本策を主力行から求められる可能性がある。

シャープは液晶事業が7月以降に回復するとみていたが、低迷が続く。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り384文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン