/

ウエルシア、16年2月期の純利益103億円に

ドラッグストア大手のウエルシアホールディングスは15日、2016年2月期の連結純利益が103億円になる見通しだと発表した。従来予想を13億円上回る。前期は決算期変更で6カ月決算のため単純比較できないが、14年3月~15年2月と比べて38%増える。同業のCFSコーポレーションを9月に完全子会社化した効果が寄与する。

売上高は5206億円と予想を629億円上回り、37%増える見通し。神奈川県や静岡県を中心に310店舗を持つCFSの売り上げが半期分(600億円強)加わる。このほか、本体のドラッグストアの売り上げ拡大に加え、3月に同業中堅のタキヤ(兵庫県尼崎市)とシミズ薬品(京都市)を子会社化した効果も出る。

同日発表した15年3~8月期の連結決算は売上高が2309億円、純利益が44億円となった。前年同時期比で14%増益だった。好採算の調剤事業が伸び、家庭用雑貨などの物販も堅調だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン