/

この記事は会員限定です

災害復旧農業用ハウスで談合の疑い 公取委、7社立ち入り

[有料会員限定]

東日本大震災による津波などで被害を受けた農業用の大規模なビニールハウスの復旧工事の入札を巡り、談合を繰り返していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は6日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで井関農機などメーカー7社に立ち入り検査した。

ほかに立ち入りを受けたのは、ヤンマーグリーンシステム(大阪市)、三菱マヒンドラ農機(松江市)、渡辺パイプ(東京・中央)、大仙(愛知県豊橋市)、イノチオアグリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン