山本貴金属地金、CAD加工用の歯科材料増産

2015/10/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知県に主要拠点を持つ歯科材料の山本貴金属地金(大阪市)は、コンピューターを使った切削加工に適した複合材料を増産する。同県香南市の新工場を中心に、製造ラインの整備に3年間で5億~8億円を投じる。2014年にコンピューターで加工した複合材料による治療が保険適用対象となったため、需要が増えると判断。売上高の増加につなげる。

増産するのは硬質な高分子樹脂とセラミックを組み合わせたハイブリッド樹脂で、虫…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]