やけどの治り具合、アンモニアガスで判定 東海大と日立化成

2015/10/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東海大学の関根嘉香教授らは日立化成と共同で、やけどを負った患者の体から出るアンモニアガスの濃度を測り、治り具合の判定に役立てる手法を開発した。手のひらサイズの装置を活用した。5~10年をめどに実用化を目指す。

研究チームは皮膚から発生する微量のアンモニアガスと健康状態との関係を研究してきた。全身の皮膚面積の40…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]