2019年2月16日(土)

シンドラー元社員逮捕、エレベーター故意に停止 業務妨害容疑

2015/10/3付
保存
共有
印刷
その他

シンドラーエレベータ(東京・江東)の元社員が首都圏のマンションなどでエレベーターを故意に止め、利用者を閉じ込めた問題で、警視庁捜査1課と千葉県警は3日、韓国籍の元社員、李雄大容疑者(36)=東京都板橋区=を威力業務妨害の疑いで逮捕した。同課によると、李容疑者は「間違いありません」と供述している。

逮捕容疑は8月2日深夜、茨城県つくば市内のホテルで、安全装置を作動させてエレベーターを停止。自身が閉じ込められたように装って、シンドラー社に安全点検などの対応をさせ、同社の業務を妨害した疑い。

同課などによると、6月28日~8月2日の間、つくば市の事例も含め、東京、千葉、茨城の3都県のマンションやホテルで計約10回、シンドラー社製のエレベーターが非常停止。少なくとも7人の利用者が閉じ込められて、このうち女性1人が体調不良で病院に搬送された。同課は李容疑者が関与した疑いがあるとみて捜査を進める。

シンドラー社によると、李容疑者は2008年に入社し、エレベーターの保守点検業務を担当。同社は今年6月中旬、売り上げの目標などに成果が及ばなかったとして、李容疑者を支店長から降格処分にした。一連の問題の発覚を受け、8月5日付で懲戒解雇にし、警視庁深川署に刑事告訴していた。

シンドラーエレベータの話 元社員が逮捕されたことは誠に遺憾。顧客や関係者に多大な心配、迷惑をかけ、心よりおわびする。全社員への倫理教育を徹底する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報