2018年11月16日(金)

神戸線の新駅名は「摩耶」「東姫路」 JR西、16年春開業へ

2015/10/3付
保存
共有
印刷
その他

西日本旅客鉄道(JR西日本)は2日、神戸線六甲道―灘間で2016年春に開業予定の新駅の名称を「摩耶駅」に決めたと発表した。照明を全て発光ダイオード(LED)にするなど省エネ対応を進め、同規模の駅より消費電力を50%以上削減する。同じく来春開業予定の御着―姫路間の新駅は「東姫路駅」となった。

摩耶駅は事業費のほぼ全額に相当する約40億円をJR西日本が負担した。駅の整備と近隣の大規模な分譲マンションの開発を組み合わせ、1日当たりの乗車人員は8千人を見込む。東姫路駅は事業費27億円でJR西日本と姫路市、国が3分の1ずつ負担した。1日当たりの乗車人員は3千人を予定する。

兵庫県内でのJR新駅は08年3月の「須磨海浜公園駅」と「はりま勝原駅」以来。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報