発電用石炭12%下げ、東北電力がスイスの資源大手と合意

2015/10/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北電力とスイスの資源大手グレンコアは1日までに、2015年10月~16年9月に調達する発電用石炭(一般炭)の輸入価格を前年比12%下げることで合意した。中国経済の減速を受けた石炭需要の伸び悩みを映した。電力各社は発電コストの安い石炭火力を終日稼働の基本電源としている。石炭安は燃料費削減や電力料金引き下げにつながりそうだ。

今回決まったオーストラリア産一般炭の価格は1トン64.60ドル前後。4月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]