6年前のコンビニ強盗、DNA一致で容疑者逮捕 警視庁

2015/9/30 13:46
保存
共有
印刷
その他

2009年に東京都台東区のコンビニエンスストアで現金を奪い店員にけがをさせたとして、警視庁上野署は30日までに、住所不定、無職、串田孝司容疑者(57)を強盗致傷の疑いで逮捕した。同署によると、7月に埼玉県内で起きた別の事件で逮捕、起訴された際に採取した同容疑者のDNA型が、6年前の現場に残されたものと一致した。

逮捕容疑は09年7月31日午後6時45分ごろ、台東区上野6のコンビニで、男性店員にナイフを突きつけて現金11万円を奪い、もみ合った際に男性の右手親指を骨折させるなどした疑い。

同署によると、串田容疑者は「生活費としてお金がほしかった」と供述している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]