東洋ゴム、11月体制刷新 外部役員に信頼回復託す

2015/9/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東洋ゴム工業は29日、経営刷新に取り組む新体制を発表した。会長に複合機大手の京セラドキュメントソリューションズの駒口克己前社長が就くなど、取締役8人の半数が外部出身者になる。免震ゴム性能偽装問題の発覚から約半年。閉鎖的な企業体質の是正などガバナンス(企業統治)の実をあげられるか。ようやく改革の入り口に立つ。

臨時株主総会を11月12日に開き、続投する社外取締役2人を除く6人の取締役選任案を諮る。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]