/

この記事は会員限定です

日立・九大・九電グループ、新型発電用風車を研究 複雑な地形に対応

[有料会員限定]

日立製作所や九州大学などは、日本の複雑な地形に適した新しい風力発電用風車の共同研究に着手する。鹿児島県で稼働中の風力発電所を使い、九大が購入したスーパーコンピューターで、上昇気流などが起こす風の乱れが風車の強度に与える影響を解析する。風力発電機で国内最大手の日立は乱流に強く、安全な風車の開発に活用する。

九州など日本の山は尾根が複雑に連なっているため、上昇気流などで風車に想定以上の荷重がかかること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン