/

USJ、米社傘下に 「アニメ、機会あれば拡大」

米メディア大手のコムキャストは28日、傘下のNBCユニバーサルを通じてユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)を買収すると発表した。発行済み株式の51%を約1830億円で取得する。同社のグレン・ガンペル社長は買収完了をもって退任する。同日、大阪市内で開いた記者会見の一問一答は以下の通り。

――USJの上場は。

ガンペル社長「今の段階では再上場は取り下げることになる」

コムキャストのブライアン・ロバーツ会長兼最高経営責任者(CEO)「近い将来では視野に入れていないが、将来的には検討する可能性があるかもしれない」

――上場を中止し、コムキャストへの売却を決意した理由は。

ゴールドマン・サックス証券のアンクル・サフアジア・パシフィック共同統括責任者「再上場の話を進めている途中でコムキャストから買収の提案があり、株主や取締役と話し合って決断した。コムキャストは以前からUSJと提携しており、運営にも関与していた。10~20年後の投資や成長を考えると、今回の決断が適切だと判断した」

――買収によって(映画にとらわれない)USJの独自路線が変更される可能性はあるのか。

ユニバーサル・パークス&リゾーツのトム・ウィリアムズ会長兼CEO「我々はアニメが本当に好き。機会があれば拡大していきたい」

――沖縄に建設予定の新パークの計画は。

ウィリアムズCEO「現時点では何も言えないが、これから調査を進めた上で検討する。今後も米国以外で新たな成長機会を見つけていきたい。その候補地の中には沖縄も入っている。今回の投資はこれまでの成長の記録を塗り替えるためのものだと思っている」

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン