/

この記事は会員限定です

亜鉛6年ぶり安値 グレンコアの在庫放出観測が重荷

[有料会員限定]

非鉄金属の亜鉛の国際価格が約6年ぶりの安値をつけている。最大消費国の中国で鋼板向けの需要が鈍化。スイスの資源大手グレンコアによる在庫放出観測も重荷になった。同じ非鉄の鉛より相場水準が安くなっており、価格低迷が長期化する見通しが強まっている。

指標のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛地金の先物価格は28日、1トン1640ドル前後で推移した。直近高値の5月上旬から3割下落し、およそ1年3カ月ぶりに鉛を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン