2019年1月21日(月)

ニイタカ、天津爆発で日本製に転換 料理用の固形燃料

2015/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲食店向け固形燃料大手のニイタカは中国・天津市の爆発事故を受け、中国で生産する日本向けの固形燃料の全量を10月から国内生産品に切り替える。発火の恐れがあるとして海上輸送できず、輸入再開のめどが立たないため、国内他社に当面生産を委託する。同社はホテルや旅館の料理の保温に使う固形燃料で国内シェア6割を持つ。

奥山吉昭社長が明らかにした。対象は中国福建省の自社工場で製造する大型品で、3時間程度燃え続け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報