福岡・久山町の久原醤油、あごだし商品を年10種投入 鍋スープなど

2015/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

和風調味料を手掛ける久原本家グループ傘下の久原醤油(福岡県久山町、河辺哲司社長)は量販店向けに、あごだしを前面に押し出した商品を今後数年にわたって年間10種類ずつ投入する。グループの強みであるだしを生かした鍋スープや野菜用のタレを販売する。冬にかけてテレビCMを積極的に展開し知名度を向上させる。

スーパーなどで販売する「くばら」ブランドであごだしを使った商品を展開する。今冬に向けては鍋スープ3種…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]