/

この記事は会員限定です

富士フイルムが包装用プリンター、インクの臭い抑制

[有料会員限定]

富士フイルムは食品や日用品向けの軟らかい包装フィルムに適したインクジェットプリンターを年内にも発売する。紫外線を当てると固まるインク液を使ってインクの臭いを抑え、色のにじみを起こさない技術を開発した。

新型プリンターは、まず専用の液をフィルムに噴射する。そこに紫外線を当てることでインクがにじまなくなる下地ができるため、下地の上からインクでカラー印刷する仕組みだ。装置内を窒素で満たすことで、インクの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン