/

この記事は会員限定です

オリックス、銀座の商業施設を500億円超で売却

[有料会員限定]

オリックスは8月に東京・銀座の商業施設「キラリトギンザ」をアゼルバイジャンの政府系ファンドに売却した。売却額は500億円を超す。日本への投資意欲を強める海外勢の意向と、不動産価格上昇の時期をうかがっていたオリックスの思惑が一致した格好だ。

キラリトギンザはオリックスと米大手ヘッジファンドのエリオットが共同で開発した。地上12階建てで、約50の店舗が入る。延べ床面積は約1万6500平方メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン