拉致問題の早期解決訴え 国連人権理事会で被害者家族

2015/9/22付
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】国連人権理事会(47カ国)は21日、拉致問題など北朝鮮の人権状況について討議するパネルディスカッションをジュネーブの国連欧州本部で開き、田口八重子さん(失踪当時22)の長男で拉致被害者家族会の飯塚耕一郎さん(38)がパネリストとして出席した。

飯塚さんはスピーチで「家族は高齢化している。拉致問題はもはやこれ以上時間をかけていい問題ではない」と述べ、早期解決を国際社会に求めた。さらに「私を産んでくれた田口八重子に、早く『お母さん』という言葉を初めて直接伝えたい」と胸の内を明かした。

北朝鮮代表は「パネルディスカッションは政治的動機に基づいたもので、人権とは関係がない」と強く反発した。

北朝鮮の人権状況に関する報告書をまとめた国連調査委員会のカービー元委員長が司会役を務め、同国の人権問題に関する国連のダルスマン特別報告者(インドネシア)らもパネリストとして出席した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]