鬼怒川堤防なぜ決壊? 軟らかい土質も影響

2015/9/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 茨城県常総市で起きた鬼怒川の堤防決壊のメカニズムが土木学会や東京大学などの調査で少しずつ明らかになってきた。堤防を越えた川の水が外側を削っただけでなく、下部から水が染み込んで堤防がもろくなっていた可能性が高いこともわかった。壊れた東側の堤防は軟らかい土質だったことや、川の中に生えている草木が流れを妨げ水位が上がりやすかったことも影響した。

 常総市では10日午前6時すぎ、鬼怒川東側の若宮戸地区で水…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

芳村圭堤防決壊土木学会越水

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 23日 21:30
23日 7:05
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
23日 22:40
23日 14:57

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報