/

この記事は会員限定です

鬼怒川堤防なぜ決壊? 軟らかい土質も影響

[有料会員限定]

茨城県常総市で起きた鬼怒川の堤防決壊のメカニズムが土木学会や東京大学などの調査で少しずつ明らかになってきた。堤防を越えた川の水が外側を削っただけでなく、下部から水が染み込んで堤防がもろくなっていた可能性が高いこともわかった。壊れた東側の堤防は軟らかい土質だったことや、川の中に生えている草木が流れを妨げ水位が上がりやすかったことも影響した。

常総市では10日午前6時すぎ、鬼怒川東側の若宮戸地区で水が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン