/

この記事は会員限定です

「違憲」論争、司法の場へ 安保法成立

[有料会員限定]

国会で憲法違反かどうかの議論が繰り広げられた安全保障関連法が19日に成立したことで、違憲を主張する人々は今後、司法の場へ訴えることが想定される。憲法81条は法律が違憲かどうかは最高裁が判断すると規定する。安保関連法を違憲だとする訴訟が起こされれば、一、二審を経て最終的に最高裁が判断することになる。

ただ、警察予備隊(自衛隊の前身)の違憲性が問われた1952年の訴訟では、最高裁は「抽象的に法律の合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン