/

この記事は会員限定です

消費税軽減策、見えぬマイナンバーとの連動

[有料会員限定]

「重要な時期にとんでもないことをしてくれた」。財務省幹部がため息をもらした。日本年金機構への不正アクセスで100万件以上の年金情報が流出したと発覚した6月のことだ。

消費税軽減策の財務省案はマイナンバーの個人番号カードを使って、酒を除く飲食料品を購入した金額のうち2%分を還付する仕組みだ。年金情報の流出が発覚したのは、軽減策の検討作業が本格化していたころ。年金問題が消費税軽減策に思わぬ影響を与え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン