2018年10月17日(水)

新関空会社とオリックス陣営、空港運営権の売却で大筋合意

2015/9/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港の運営権売却に関する契約内容が10日、明らかになった。焦点だった契約の見直しの可否については両空港を統括する新関西国際空港会社の合意があれば可能とした。放射能汚染についても10億円以上の復旧費用は原則国側が支払う。入札へ唯一参加するオリックス陣営の主張がおおむね通った格好で、同陣営への運営権売却が事実上固まった。

新関空会社とオリックス陣営が大筋合意し、契約書の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報