ガンホー、東証1部に 16日にジャスダックから

2015/9/9付
保存
共有
印刷
その他

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは9日、東京証券取引所の承認を受け、上場する市場をジャスダックから東京証券取引所第1部に変更すると発表した。16日に変更する。

時価総額や株主数、流通株数などで市場変更の基準を満たしていた。東証1部上場すると、株価指数連動型の金融商品などに組み入れられやすくなり、投資家層の拡大が期待できる。

2005年3月に上場したガンホーは、スマートフォン(スマホ)ゲーム「パズル&ドラゴンズ」の成長期待から個人投資家の人気が高い。取引も活発で、14年度の売買代金は1兆5400億円で、ジャスダックで2番目の多さだった。

9日の時価総額は約3700億円に上る。東証マザーズとジャスダックをあわせた新興市場のなかで、時価総額の規模は最も大きい。ガンホーが東証1部に移れば、新興市場の取引量に大きな影響が出る可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]