2019年9月17日(火)

市場揺らす仕組み債 「一線」越えると下げ増幅
証券部 藤原隆人

2015/9/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株価が一定の範囲を超えて下がらない限りは高利回りと元本が保証される。そんな仕組みを埋め込んだ債券が株式市場を揺らしている。6~7月の高値局面で発行された仕組み債の一部では、株価が定めた水準を下回る「ノックイン」という現象が発生。金融派生商品(デリバティブ)が誘う特殊な需給要因で下げ幅が広がる状況が生まれている。

日経平均株価の下げ幅が433円に達した8日の株式市場。売買代金のトップは日経平均の2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。