/

この記事は会員限定です

摂食障害で3県に治療拠点 厚労省、計画1年遅れで始動

[有料会員限定]

拒食症や過食症など「摂食障害」の治療体制がようやく一歩前進する。厚生労働省が昨年度から募集していた地域の治療拠点となる支援センターに宮城、静岡、福岡各県の3つの総合病院が指定される見通しとなった。始動が1年遅れたうえ予定の5拠点にも足りておらず、専門家は「摂食障害は早期対策が有効だが治療体制はまだ不十分だ」としている。

「もっと早く専門的な治療を受けられたら、こんなに苦しまずに済んだと思う」。20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン