三菱重工業、無人下水処理施設を受注

2015/9/7付
保存
共有
印刷
その他

■三菱重工業 7日、三菱商事とシンガポールで24時間無人で運転する下水処理の実証施設を政府機関から受注したと発表した。2017年2月をめどに完成し、総世帯の5%相当の約6万世帯分の下水を処理する。事業費は約20億円。

下水処理場を運営するシンガポールの政府機関、公益事業庁(PUB)から受注した。中西部のウルパンダン下水処理場に実証設備を設ける。下水処理量は1日当たり1万2500立方メートル。下水…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]