/

この記事は会員限定です

主要企業の海外売上高比率が最高 4~6月、67.6%に上昇

[有料会員限定]

自動車や電機など主要上場企業の海外売上高比率が2015年4~6月期に67.6%となり、四半期として過去最高を更新した。前年同期比では2.2ポイント上昇した。北米を中心に販売を伸ばし、円安進行も円換算の海外売上高を押し上げた。

4~6月期に海外売上高を開示し、08年度から継続して数字を比較できる110社を集計した。自動車、電機、機械、精密機器など輸出関連企業が大半を占める。

上位には93%の村田製作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン